www.cafeindiamke.com

破産の際あなたの債務に関して保証人が存在するときにはきちんと連絡しておくべきです。もう一度、強調しておきますが負債に保証人がいるときは、自己破産以前に検討しておかなければなりません。あなたが破産宣告をしてOKが出ればその人があなたの返済義務をすべて負う義務があるからです。なので、自己破産手続き前に保証する人に、至った経緯とか現状について報告し、お詫びの一つもなくてはなりません。それはあなたの保証人の立場からすると当然のことです。自己破産することによってとたんに膨大なローンがふりかかってくることになるのですから。そうなるとすれば、その後のその保証人の取れる選択ルート以下の4つになります。一つの方法は保証人である人が「全額返す」ことです。保証人自身がその数百万円の負債をいともなく返せるといったような財産を持ち合わせていれば、この方法が選択できるでしょう。しかしながら、あなたは自己破産せずにあなたの保証人に立て替えを依頼してこれからはあなたの保証人に定期的に返済するという方法も取れるかと思います。保証人が良いパートナーであるならある程度期日を延ばしてもらうこともありえます。いっぽうでまとめて返金できなくとも、金融業者も話し合えば分割による支払いに応じることもあります。その保証人にも破産申告をされてしまうと借金が全然戻らないリスクがあるからです。保証人がお金を代わって支払う財産がない場合はあなたと同じくある中から債務整理をすることを選択が必要になります。2つめの選択肢は「任意整理」を行う方法です。この方法を取る場合貸金業者と落としどころをつける方法により、数年の期日で弁済していく形を取ります。弁護士事務所にお願いするにあたっての経費の相場は債務1件ごとに4万円。全部で7社から借金があるとしたらおよそ28万円かかることになります。当然債権者との示談を自ら行うことも可能ですが、経験がない方だと向こう側が自分たちに有利な提案を勧めてくるので気を付けた方がいいでしょう。また、任意整理をする場合も保証人に借金を負ってもらうわけですからあなた自身はちょっとずつでもあなたの保証人に返済していく義務があります。さらに3つめはあなたの保証人もあなたと同じように「破産宣告する」という選択肢です。保証人である人も返せなくなった人と同じように破産を申し立てればあなたの保証人の返済義務も消えてしまいます。しかしながら、保証人がもし不動産などを持っているならばそのものを失いますし、司法書士等の職業についている場合影響は避けられません。その場合、次の個人再生を利用するといいでしょう。では4つめの方法は「個人再生制度を使う」方法についてです。戸建て住宅などを処分せずに債務の整理を望む場合や、破産申し立てでは資格制限に触れる業務についている場合にふさわしいのが個人再生制度による整理です。個人再生なら自宅は処分する必要はありませんし破産手続きのような職業の制限資格に影響を与える制限がありません。
Copyright © 1999 www.cafeindiamke.com All Rights Reserved.